So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

楽しかったぁ~ [ヨットレース]

さてはて、今日は。。。

楽しかったぁ♪

わたくし、何やったか。。。

マリーナのNさんに誘われ、若洲ヨット訓練所に行きました!

なんでかって?インストラクターとして、身をかり出されました!

ってなわけで、スナイプに乗ることに!
505乗りの私は。。。久々にディンギーに乗る。嬉しい。

ま、とりあえず、体験に行くことに。

2018051900.jpg

体験であっても、買っちゃったぁ~(^^v


8時に若洲に集合。しかし、ちょっと寝坊。8時15分につきました。

そして、Nさん迎えに来る。

「おはようございます」
「おやようさん、良く来たね。これから朝の会議だよ」

そこで、他のインストラクターの方々と会う。簡単に挨拶して、朝礼。

満潮干潮の時間、風の向きと強さの確認。午後は吹き上げてくる予報だった。人数も、そして注意事項など。スムーズな運営に向けて、色々話し合う。

2018051901.jpg

レスキュー艇をいじる。。。


それから、本部艇、レスキュー艇の準備。

2018051902.jpg

スナイプをいじる。。。


つづいて、スナイプの用意。クルーザーに比べてちっちゃくて可愛いが、艤装が違う。覚えるようにしておく。

2018051903.jpg

パドルで移動。。。


午前はNさんと一緒にレスキュー艇で。レースの運営を見学。その時に改めて、気付いたのが水流の速いこと。

2018051904.jpg

出港の準備。。。


そして、ランチ。13時に再開。

2018051905.jpg

みんなで仲良く。。。


その時に、4年間、訓練所に通っていたお客さんのMさんと組んで、スナイプに乗ることに。ちょっとだけ不安だったが、ま、勇気出して、頑張ることに!

2018051906.jpg

三枚洲で。。。


始めは、私はクルーとして。ディンギーのバランス感覚をもう一度養わなければならない。

予報とは風向きが違っていたが、だんだん吹き上げてきて、白波がたっていた。そんな中、レースに参加。

2018051907.jpg
2018051908.jpg

スナイプから。。。


午前とは違って、波も風も強くなって、沈をする船が続出。初めて、コンビを組んだMさんと私は沈をせずに、完走。トップでもない、ビリでもない、まぁまぁのところであった。

午後の第2レースは私がティラー。結構吹いていて、4分前の時に本部艇を過ぎる。1分30秒に行って、タックして帰ってくることにして、スタートに挑むことにした。しかし、タックするまでは好調に走っていたのだが、帰りにちょっと風が落ちて、計算に入れていなかったのが、水流。すっかり忘れていた。スタートはちょっと遅れたが、すぐに挽回。

このレースも沈をする船が続出。このレースも同じくMさんと私は沈をせずに、完走。トップでもない、ビリでもない、まぁまぁのところであった。

ゴールと同時に、皆戻る指示が。Mさんも私も沈をしていないことを自慢気に思っていた。

しか~し、帰りに後ろからくる波に乗るのは良かったのだが、コントロールがなれなかった。そんな時に沈!しかも2回!あ~、恥ずかしい。(^^;;

この時に初めて、東京湾の海水を頭からつかりました。あまりきれいではなかったが、即座に気付いたのが、塩っ気がない。荒川、江戸川から来る水でかなり薄まっている。

「あ~あ、皆の前でやってしまった。。。インストラクターとして務まるかなぁ~」ちょっと不安げ。。。

しかし、一日の日課を終えて、シャワーを浴びて、事務所で書類を一式もらう。帰りしなにリーダー役のFさんから「ダッチマンさん、早めに書類を提出してください」っと言われました。

ってなわけで、今後、ここでも活動することになります。。。(^^v

楽しい1日であった。

今日はここまで。


nice!(0)  コメント(0) 

2018TYCレース第1戦 [ヨットレース]

さてはて。。。

今日は2018TYCレース第1戦!桜も満開だと言うことであるが。。。ま、江戸川千葉側はまだ全然だったよ。桜はこれからも楽しめることだということで、今日はレースを満喫!

思いがけないことであったが、今日は7人!Team NaoNaoからFさん、Mさん、Tさん、Sさん、Kさん、Team Rabbit's Tailからは私。。。あと、Tさんの紹介でAさんがゲストで参加!

Team Rabbit's Tailのみんなはどこかって?今週はちょっと忙しかったみたい。。。(^^;;

ってなことでも、止まっていることはない。。。何時もの通りに、いろいろ想像する。前日にはマリーナに行って。。。最近は自転車で行っています。運動の為に。

今までやりたかったジブのクリートの交換。メインシートクリートも位置を変更。それと、去年Heavyがバラバラになってしまったので、それの変えとして、North SailsのMedium Heavyのペンテックスを注文。25日のレースまでに届けてもらった。

しかし、予報は微風。強風用のセイルは上げる場面はあるか。。。微風だったら、持って行く必要もない。かなり悩んだ。

2018032501.jpg

江戸川沿いにあった家。。。ちょっと早くない?


当日の朝、自転車で向かう。桜はまだであった。予定通り、9時にマリーナに到着。出航届を出して、Rabbit's Tailへ。既にMさん、Fさんが。「あら、遅れると思ったが。。。」簡単に挨拶をして、艤装にとりかかる。

2018032502.jpg

今年のゼッケン、5番


そこでもMedium Heavyを乗せるか議論になる。風が読めないので、とりあえず乗せることに。そのため、ビールの分を降ろしました。(^^::

2018032503.jpg

スタートを見守る。。。


9時45分、出航。11時半にスタートなので、練習もできる。しかし、風が不安定。時には10ノット、次の瞬間2ノットとか。練習もかなりてこずっった。スタートラインを見るにも、風を見る。「150?」「160?」

2018032505.jpg

スタートの準備


そして、11時半、スタート。クルージングクラス、レースクラスCがスタート。すると、風がなくなった。我々もスタートの準備。風が読めなかった。本部艇サイドからスタートすることに。しかし、ちょっと距離を置きすぎた。

「ちょっと遠い?」
「まだ5分前だ、エンジンかけて近づく?」
「う~ん。。。何とも言えへん」
「とりあえずこのままいくか」

これが、残念な結果になった。スタート時間までに届かない低速。前のクラスのいちょうIIは時間名にスタートできず。我々も今回のスタートも一番ドンケツ。っと思っていたが、目の前にいたネフェルティティがはじかれる。

かなり遅れてのスタートであったが、風が急に出てきた。10ノット。レティシアがタック。右側の海面に。我々もそう読んでいた。ここで、今回の最大の恐いこと。。。私には見えていなかったが、バウから数メートルのところに先行の船が。

「タック行こう。」
「タック入ります、5,4,3,2,1、タック!」
「ぶつかるよ」
「なに?!?」

その時に初めて気づいた、先行の船。船首が右にずれてジブの陰から出てくる船。50cmあっただろうか。。。

「おいおい、俺気づいていなかったぞ!」

冷ってした。。。気を取り直して、レースに集中。

次のハプニングは第1マークを回ってから。即ジャイブするか。。。そこで、かなりの議論。スピンを上げてからにすることに。マークを回る、スピンを上げる。ジブが下がる。しかし。。。速度が上がらない。

「ジャイブ?」
「ノー!速度が足りない」

急に風がなくなった。0ノットまで。船が進まない。

「ここでビールか?」
「いいかも。。。」
「このまま終わっちゃうかもね」

っと冗談を。。。気を抜いていて、しばらくして。。。風速計が2ノット。

「風が変わったよ。こっちからきている。ジャイブだ。」
「ジャイブしましょう!」
「ビール開けなくてよかったぁ。。。」

即座にジャイブ。すると見る見るうちに風が上がる上がる。12ノットまで。大きめのスピンで、ボートスピード8ノット。かなりアビーム気味。スピンを張れるかギリギリのところだった。ヒールするRabbit's Tail。ブローチが怖い。お互い声を掛け合うことにする。一瞬、ラダーに反応しなくなった。

「やばい!ブローチ!ブローチ!ブローチ!」

即座にメイン、スピンが緩む。速度が緩んだが、ブローチはま逃れた。態勢を立て直して、あっという間に下マークに。

2018032504.jpg

スピンを扱うAさん。さすがになれている。


マークを回って、タック。これがロングとなり、上マークまでそのまま。その間にAstoを下に抜いて、Twilightを上に抜く。今度は回ったところで即ジャイブ。これもロング。

「VegaIIIを抜きたいね。。。」

そのチャンスが欲しかった。。。だが、ゴールまでに追いつくことはできなかった。クラスが違うので、彼らの方が10分先にスタートしたので、今から思うと上出来です。Blue Peterには勝てなかった、Gumbo IIも。レティシアもレーティングでは無理だろう。推定4位だとおもう。結果はまだ。

その後、お腹空いた皆は。。。

「早く帰って、めしだぁ~!」

エンジンをかけて、早めに帰る。

2018032506.jpg

帰ってきたRabbit's Tail


すると、SさんTさん主導で、ランチが用意される。チーズフォンデュからサバのオープンサンド。実にうまかった。2時間ぐらい皆で飲み食い。楽しい一日で会った。

2018032507.jpg

2018032508.jpg

最後は皆で楽しく宴会。


2018032509.jpg

ちょっと楽しみすぎた私。。。結構寝ました。


最後に。。。

Team NaoNaoの皆さんに感謝の言葉を述べたいと思います。私もいろいろクレージーなことをやっていると思いますが、今回もそうですが、いろいろ学ぶことがあった。チームの運営スタイルから、セイリングの技術。皆さんと交流することによって、考える材料が増え、参考になっています。ありがとうございました。m(_ _)m
nice!(1)  コメント(1) 

やったぁ~! [ヨットレース]

さてはて。。。

今日はレース解禁日!TBCの2018年第1レース!

っとその前に。。。

2018年の活動は既にスタートしてしまっていて既にいろんなことがありました。

まずは。。。みなさんに報告。。。浦安ヨットクラブの副会長になってしまいました。(^^;;

1月の総会の時にクラブのメンバーから提案、即人気投票、あれよ、あれよと言う前になんか皆に「オメ~、やれ!」ってな感じで、なんかなってしまいました。正直に、良いのか悪いのか分からんままに、S会長のヘルプになればと思います。UYCの皆さま、不慣れなことが沢山ありますが、よろしくお願いします。m(_ _)m

それからRabbit's Tailの修理の打ち合わせや練習、Team NaoNaoさんの練習会に参加のはずが、Fさんが発病のため、急遽、Rabbit's Tailを出して、参加。。。ってか、あれは驚いたよ~、「聞いてねぇ~!」ってな感じ。。。風も良くて、結構楽しかった。(^^

そして、今日。久々のレースだったので、わくわくしていた。

思い切って、江の島のAさん、Sさんを招待。Aさんは江の島のポイントレースの約束のため、来られなかったが、Sさんは来てくださいました。

それから、ちょっと悩む。Sさん始め、どのポジションならば、皆楽しんでくれるか。。。K君のトレーニングも忘れないで。Sさんは「今度乗せて」っと言っていたところで、操縦したいのだろうなぁっと思い、ティラーも考えていた。

最終的に集まったのは、Team NaoNaoのMさん、Tさん、Kさんと、Team Rabbit's TailのOさん、K君と私。それとSさん。7人。。。7人!ゲストで乗っけることはあったが、レース経験のある人をこんなに乗るのは久々!Elliot E-935の威力を発揮できるか!?っと願っていた。

色々考えたところで、Kさんにバウ・マスト、Tさんにピット・タクティシャン、Mさん、Oさん、K君にジブ・スピン、Sさんにメイン、私がティラーとして、第1レースを挑むことに。

予報は。。。

最高気温:15度(暖かくなってきた)
天候:曇りのち晴れ
降水確率: 10%(降らないね)
紫外線:強い(長袖だし、日焼しないね~)
波:0.5m(揺れないよ)
風:午前、北の風 、11時頃凪る、12時頃南風、14時頃から20ノット (めちゃ微風から強風まで、ちょっと厳しい戦いになりそう)

スタートが10時半。そして凪ると言う予報。どんなレースになるか。スタートが延期になるか。いろいろ想像した。

前の週には雨がかなり降った。とりあえず、早めに行って、軽量化を図るために、貯まったビルジを出すことに。荷物もコンテナに移してあったので、ダクロンのセイルと余分の飲み水をだすだけであった。

予定通りに、早めにマリーナに到着。出航届を出して、守衛さんに挨拶して、整備に取り掛かる。ある程度やりたいことが終わったところで、皆を駅まで迎えに行く。待ち合わせ時間より前に行きたかったのだが、ジャストになってしまった。Sさん、Oさん、K君、そろって、マリーナへ。

2018031101.jpg

ビルジを吸い上げる。。。バケツ4杯ほど。。。40リットルぐらいかな。。。


Mさんはすでに待機中。Tさん渋滞に巻き込まれる。Kさんも同じ渋滞で。ちょうど、休みが始まったところなので、学生らTDLに集まっていた。Sさん曰く、早朝から電車からTDL向けに走り出す人々が多かったそうだ。確かにすごい光景でしょうね。

2018031102.jpg

下架の準備するRabbit's Tail


Tさんも、Kさんも間もなく到着。艤装が急ピッチで完了。30分かからなかったと思うぐらい。スタートまでに練習を入れて、擬装をチェックするようにする。

2018031103.jpg

いつものTDL沖の海面。鏡のような海面だった。


しかし、風が安定しないので、スタートが20分遅れる。東北東の風で、0.7マイルとのことだった。ラインをチェック、風向きをチェック。ほぼえーぶんであったので、本部艇からスタートすることに。4分前まで離れて、戻ることに。これ迄は風がそこそこ吹いていたのだが、急に風がなくなる。風速計は1,2ノット、ボートスピードは低速で表示が0であった。

2018031104.jpg

本部艇のTOPRUN


Tさんは目を光らせる。どっちの海面が有利か。。。スタート切る前からヘッダーを食らったり、なかなか進まない。スターボードで進めるが、どんどんヘッダーを食らう。また、みんなのブランケでもあって、なかなか加速しない。一番最後のスタートとなった。みんなタックして右海面に向かう。Tさんの判断により、我々は左海面をキープすることに。タクティシャンとコミュニケーションをとり続けるために、なるべく何をするか声で伝えるようにしておいた。

2018031107.jpg

スタート前のみんな、下ヒールで船をコントロール


2018031108.jpg

スタートを切ろうとするみんな。。。


2018031109.jpg

ポートタックで。。。


2018031110.jpg

ローリングタックの実践。。。


「タックする?」
「スピードがない、タックすると止まる」
「ここは我慢だ」
「タックの回数はなるべく抑えよう」
「ジブを調整しよう。1cmだして」
「ちょっと入れすぎ。」

そんな風に第1レグを走るTeam Rabbit's Tail。タック時にはローリングタックを実施。なるべく効率よく進んだつもり。スタートから35分経過。横を本部艇のTOPRUNが通る。

「おや?レース短縮か?」
「そうだろうね。」
「2レグかなぁ」
「1レグだったりして」
「いや~、それはないだろう」

っと短縮されることは考えていたが、風も吹き上げてくる予報でもあったので、皆あまり深く考えていなかった。それより、マークを回ったところで、スピンをアップすることを考えていた。

2018031111.jpg

ツパマロスに抜かれる瞬間。。。


惰性で動くRabbit's Tail。。。隼スピリットが先にマークを回る。なるホルン。皆、「こっち見よ」っとのホルンだと思っていた。Rabbit's Tailが次。マークに当たらないように意図的に距離を置いて回る。その間にツパマロスが回る。そのあとつけるようにRabbit's Tailのバウを向ける。Kさんはスピンポールを上げて、スピンの準備。するとホルンが2回。

「うん?」
「なんだ?」

皆の顔が不思議そうな表情をする。

「ゴールだ!」
「え?」
「おわっちゃったの?}
「え~?1レグで?」
「終わっちゃったぁ~。。。」

もっと意識していたら、ツパマロスの前にゴールしていたのだが、まぁこれは仕方ない。

「おいおい、クラストップフィニッシュだよ」
「やったぁ~!」
「ビール行こう!」
「次のレースは?」
「連中が終わるのに30分はかかるよ」
「ビールだ、ビールだ!」

っと、潔くビールあけることに。

「かんぱ~い!」
「おめでとう!」
「いやいやいや、みんな頑張ったね」
「やった、やったぁ~!」

ってなわけで、2018年、Team Rabbit's Tailの初レースはクラス着順1位、修正クラス1位、総合4位でした!

2018031105.jpg

ゴール付近の鏡の海面。。。


本日、参加してくださった江の島のSさん始め、Team NaoNaoのMさん、Tさん、Kさん、Team Rabbit's TailのOさん、K君、お疲れ様でした!結末は完全に予想外の展開でしたが、楽しかったです!ありがとうございました!

2018031112.jpg

レース後のBBQとビール。。。これがうまい!


2018031106.jpg

今回の参加してくださった皆さん


capture02.PNG

capture03.PNG

結果!やったぁ~!


nice!(0)  コメント(0) 

練習。。。 [ヨットレース]

さてはて。。。

今日は、Team Rabbit's Tailの2018年の活動始め。。。新人の練習をすることに。

Team NaoNaoのSさんとNさんに加わって、いい練習ができる!っと思っていた。

だが、予報は。。。

最高気温:9度(また一桁になったね。。。寒いぞ。)
天候:晴れ時々曇り
降水確率: 0%(降らないね)
紫外線:強い(長袖だし、日焼しないね~)
波:1m後0.5m(揺れないよ)
風:北西の風 風速:午前 秒速9-10メートル、午後:羽田付近で4m、浦安付近10m(ちょっと強い感じ)

20ノットぐらいかぁ。。。ちょっときついかなぁ。

18日の朝、新人のMさんからお詫びの電話が。体調が不調と。これは残念。

ってなわけで、K君、SさんとNさんで練習するか。。。メインはK君にジブ操作に慣れてもらうと思う。バウは私がやることで、Nさんにピット、Sさんにメイン、ティラーをお願いすることに。

朝9時、時間通りに着く。早速、皆で艤装を。練習用のダクロンのメインを使って、これが30分で終わった。やっぱり、皆いると早い。9時45分、下架して出航。見明川にでる。すると、風速計が22ノットをさしていた。「え~。。。ちょっと強いなぁ~」

2018021802.jpg

最大瞬間風速25ノット、ちょっときつかった。


東京湾に入ってメインを上げる。そしてジブも。だが、ヒールをおこすにも、人が足りない。ちょっと走ったところで、Sさんが必死にメインの操作をしている。ジブを固定したところで、メインを交代。ヒールがきつい。ウエザーヘルムが半端ではない。メインを殺してもヒールをつぶせない。「ジブを下すか?」瞬時的に判断。

2018021801.jpg

富士山がきれいだったぁ・・・


メインだけで、走行。ヒールをつぶすのはメインをコントロールすることで、何とか。強風で、見通しが良かった。富士山がきれいだったので、写真などを取っていたら、Sさんが「おう!おう!おう!」と叫ぶ。「あ~。ごめんごめんごめん。」メインを調整して、ヒールをコントロール。ボートスピードは平気で8~9ノット。波はそう多くなかったのだが、バウで水しぶきが上がる。風で流されたしぶきがバウのデッキ部分に沿って飛んでくる。1月に伊豆諸島をアイランドホッピングしていたときの光景だった。Nさんも、K君も頭から水をかぶる。

20分ぐらい羽田方向に走る。TYCの練習会に参加する船が何艇か出ていた。Sさんから、「これは練習にならない。。。」体をヨットにならせるだけだった。戻ることに。TYCの本部艇からN旗が上がる。中止だ。我々も引き返して、ビールにすることにする。

見明川付近で、メインを降ろして、マリーナに上架を頼む。マリーナに戻って、後片付け。この日はこれでおしまい。

次回の練習・レースに期待。。。(^^

今日はここまで。
nice!(0)  コメント(0) 

Rabbit's Tail in... 2018 New Year Part19 [ヨットレース]

Rabbit's Tail in... Misaki Day 3 - Last Day...

さてはて、本日は帰ることに。。。三崎を出たとこをは20ノットぐらいの予報。浦賀水道方面に曲がったところで、急激に風が弱くなる。。。はず。

海流は10時までは順流、11時から逆流。それまでに第2海保を超えておきたい。

ってなわけで、日の出と同時に出たい。5時起床。準備を進め、借りたもやいやフェンダーを返す。

「さて、最後のレグだ。。。事故無いように気を引き締めていこう。」

ここからはフォト・エッセー。。。

2018012501.JPG

氷点下の朝、鼻がたれるが最後のレグをがんばる。


2018012502.JPG

ボー!っと汽笛が鳴った。。。なんだ?朝日に浮かぶシロエット。。。なんだ三本マスト?


2018012503.JPG

うーん?見た覚えがあるぞ。。。


2018012504.JPG

「みらいへ」だ!タモリさん乗っているかな?しかしなんでここに?


2018012505.JPG2018012506.JPG

冷えているのか、空気が澄んでいる。この日の富士山はきれいだった。


2018012507.JPG

午後2時、浦安マリーナに到着。


2018012508.JPG

ちょうど3週間ぶりに上架。Rabbit's Tail、お疲れ様でした。


そして、総括。。。

コスト    計 ¥135,595
clothes       ¥3,800
food        ¥61,114
fuel           ¥8,717
healthcare     ¥5,166
parking      ¥26,570
repair goods  ¥21,898
sourvenir     ¥7,990
household goods ¥340

Rabbit's Tailはよく頑張ってくれました。これから必要な修理をいたします。

あと、活躍したのは自転車。これがあるために行動範囲が飛躍的に広がり、短時間でいろんなところに行けました。

それと、寝袋。この3週間、暖房なしで過ごしました。

保存食、水、ホカロンは持ち込んだ分の半分を使用。後は残ってしまいました。

それと。。。体重ー3kg。(^^v 結構体をしごいた。

今日はここまで。
nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -